「一杯のかけそば」が原点

「一杯のかけそば」が原点

そば本来のからだにいいおいしさを知ってほしい

昔ながらにこだわった
吹上庵の店づくり

「かやぶき屋根の茶屋で、カッタンコットンと水車が廻る…。そんな昔なつかしいそば屋を作りたい」。実際に吹上、川辺、平川、隼人の4店舗で「かやぶき屋根」を実現、県内で数少ないカヤ職人が3年に一度ふき替えています。目印となる「水車」は直径5mで、30年以上廻り続ける松の木の上掛け水車。玄関前で水しぶきを上げてゆっくりと力強く廻っています。飴色の梁が美しい店内には、大正徳利や笠、馬草履、ひょうたんなど全国各地の民具が並べられ、まるで田舎のおばあちゃんの家のようです。

太麺と細麺が選べる
そば

そばの魅力は「挽き立て」「打ち立て」「ゆで立て」。吹上庵ではその日に使うそば粉を、毎朝、手打ちそば道場三稜館の石うすで挽いています。そばの実に熱が伝わって香りが逃げないように、一分間に20回転のペースでゆっくりと廻る石うす。このこだわりが、香味豊かな玄そばを楽しめる秘訣となっています。吹上庵のそばは、田舎風の太麺と細麺の2種類。通常はのどごしのいい細麺を冷たいそばで、風味と歯ごたえが楽しめる太麺を温かいそばで出していますが、お客様の好みで選ぶこともできます。もちろん、ゆで立てが身上。ご注文いただいてからゆでるので、しばし時をください。

最後の一滴まで飲みほしてください
そばつゆ

「一杯のかけそば」が吹上庵の原点だけに、最後の汁一滴まで味わえるようにと、返しにも、だしにも、水にもこだわっています。オリジナルの鹿児島の生醤油とザラメ、味醂を調合し熟成させた「本返し」は、うまみがぐんと増しカドがとれたまろやかなもの。ここにしいたけ、鹿児島産のカツオ節などでとっただしを合わせると「そばつゆ」ができあがります。店舗によっては地元の地下天然水を使用。素材の良さを互いに引き出したそばつゆは、実は隠し味としていろいろなメニューに使われています。

食べ放題がうれしい
大根の一夜漬け

料理を待つ間にテーブルに出されるどんぶり。その中に入っているのが、吹上庵の“隠れた定番メニュー”の「大根の一夜漬け」です。丁寧に皮をむいた大根一本をそのまま縦割りにし、塩と七味を一本ずつすりこんで漬け込むだけ。各店舗のスタッフが「おいしくなりますように」と願いを込めて、お店が終わってから毎日漬けています。好きなだけ食べられるとあって、お替わりしてついつい食べ過ぎてしまう大根の一夜漬け。「ぜひ買って帰りたい!!」と言われるほどですが、残念ながら販売はしておりません。ぜひ吹上庵でおめしあがりください。


郷原部長
日本そば事業部
郷原部長

そば湯を飲んでいつも元気なスタッフがお待ちしています。

吹上庵では必ず食後に「そば湯」をお出ししています。そば湯にはそばをゆでているときに溶け出した栄養分が含まれているほか、そばつゆと一緒に飲めば最後の汁一滴までおめしあがりいただけます。スタッフは毎日そば湯を飲んでいるせいか(?)、いつも元気いっぱい!! 中には高校生のお孫さんがいるとは思えないほど若々しいスタッフもいて、店内は明るく笑顔がたえません。鹿児島は日本有数のそば産地です。私達は鹿児島のそば屋として、その季節に合うそばメニューのほか、10月8日を吹上庵の「そばの日」として、ざる・かけそばセットが300円の感謝日をもうけております。鹿児島ならではのそばをぜひ吹上庵でお楽しみください。

 

このページのTOPへ